イランでは臓器売買が合法、貧困のため生活費の足しにしようとする人続出。

【出典:Twitter】「自分の腎臓を売りたい」と書いている張り紙
【出典:Twitter】「緊急!腎臓販売希望-血液型O+ 23歳女性、お願いです。この張り紙を外さないでください。私は本当にお金が必要です。ご理解願います」と書かれた張り紙

イランは臓器売買が合法である唯一の国である。臓器を売る人の約70%が貧困層と言われている。

1999年、イランでは、政府が基となって臓器売買の売り手と買い手をマッチンぐさせるシステムをスタートさせた。中東関連の情報サイト『Berkeley Polotical Review』によると、臓器の提供はイラン国外への提供は完全なる合法ではないものの病院関係者の話では腎臓移植のためにサウジアラビアや諸外国から富裕層の患者が頻繁にやってくるという。

(下につづく)



●多くのイラン国営のウェブサイトで臓器売買の仲介をしている

イラン国内のウェブサイトでは主に腎臓売買の取引を仲介するサイトが多くあるという。また国営放送のIRIB(イラン・イスラム共和国放送)の子会社が臓器売買仲介のアプリを開発してAppleのApp Storeで公開していた。(現在は削除されている)

●2007年に公開されたドキュメンタリー

2007年に公開された「イラン腎臓大特売(Iranian Kidney Bargain Sale)」では腎臓売買の実態をドキュメンタリー映像として公開している。

【出典:iTVS】腎臓を売った若者
【出典:iTVS】腎臓を売った若者

このドキュメンタリー映画では多くの貧困層とみられるイラン国民が政府機関が管理する臓器売買のバイヤーのもとに足を運んでいる。腎臓であれば最大3000ドル(約340,000円)で取引されるとのことだ。

少ない金額と思われるかもしれないがイラン人の平均年収は485ドル(約55,000円)である(2017年)ことを考えると平均以下の貧困層の民から見ると大金なのかもしれない。

(下につづく)



また、驚くことに臓器売買を希望する人の多さである。イランのニュースメディア『Iran News Wire』の今年9月12日の記事で同社の記者40人から50人ほどがウェブサイトを通じて腎臓の売買を希望登録しているということを伝えている。

また、同メディアによると臓器バイヤーの中では個人から約3000ドル(約340,000円)で引き取った腎臓を冷凍保存し、買い手が現れると約21,000ドル(約238万円)で販売するという。こういったことが貧富の差が広がる理由であろう。

【出典:iTVS】腎臓売買の登録に来る人が後を絶たない
【出典:iTVS】腎臓売買の登録に来る人が後を絶たない

臓器販売を希望するイラン国民のほとんどが貧困に喘いでいるというが、その60パーセントが高等教育を受けている人達だった。

年齢にして17歳から40歳で学位や修士号を持つ者もいる。『Iran News Wire』のインタビューに対応した人の中では会社が倒産してしまった人、学位をとって発明家となったが経済困難のため臓器を売るという人もいた。

●世界貿易機関(WTO)では不当としている。

WTOでは臓器売買を不当なものとしてイランの臓器売買合法化について批難している。しかしイランは今月5日にアメリカの制裁を受けたばかりでこれから、もっと国民の生活が厳しくなると思われる。

WTOでは人権を考えての批難であろうが、現在のイラン国民には貧困を埋める手段のひとつを奪われてしまうことに懸念を持つ人のほうが多いことであろう。

【参考サイト】
Iran News Wire
Ttsarizm.com
Iranian Kidney Bargain Sale
iTVS
iTVS/YouTube

【おススメ記事動画】

【出典:Metoro(IMAGE:Solent)】彼女達がスケッチしたヒューメイリアンの子供の似顔絵

ヒューメイリアンと呼ばれる第7感能力を持つハイブリッドチルドレンを持つ母親たち

 

 

【出典:YouTube】量子ステルス透明マントを披露する男性

遂に中国で開発された透明マントの動画でSNSが大騒ぎ、ビデオプロデューサーが真

 

 

【出典:YouTube】山道を運転中にフロントガラスを突き抜けて運転手の頭を直撃した落石

中国のバス運転手、山道で落石が頭に直撃!痛みに耐えながらバスを安全な場所まで運転する。

 

 

【ゴビ砂漠で見つかった秘密基地、中国版エリア51では?と物議を醸す

 

 

【出典:WTAE-TV】犬の遺灰に愕然とするジェニファーさん。

我が子の遺灰が入った箱を大事にしてきた母親、2年後に箱を開けて驚きとショック…

 




投稿者: legend up