サンフランシスコ市長、心臓発作により急死、先月慰安婦像の寄贈の受け入れを決議した矢先のことだった。

【出典:Facebook】心臓発作により急死したサンフランシスコ市長
【出典:Facebook】心臓発作により急死したサンフランシスコ市長

サンフランシスコ市長のエドウィン・M・リー市長(Edwin M. Lee)が現地時間、今月12日午前1時11分に市内のザッカーバーグ・ゼネラル・病院で心臓発作の為急死したとされる。淳年65歳とまだ政治活動を終えるには早すぎる死と言えよう。





『China Daily』によるとリー氏は11日の午後10時頃に救急車により同病院に搬送された。亡くなる数時間前には近くのスーパーマーケットに買い物に出掛けるほど元気だったという。亡くなった時には多くの政治関係者に囲まれて息を引き取った。

●リー氏の名が知られるようになったのは?

リー氏は、サンフランシスコ市長に2011年に初当選し現在、2期目に入っていた。彼の名が日本で知られるようになったのは今年秋ごろに、サンフランシスコに拠点を置いている市民団体「コンフォート・ウィメンズ・メモリアル」が私有地に立てた慰安婦像を市に寄贈する提案に先月11月22日に受け入れ決議したことが大きな要因となっている。

ご存知の方も多いと思うが、この事を受けて大阪の吉村市長が60年間続けてきたサンフランシスコとの姉妹都市関係の提携解消したことは記憶に、まだ新しい話題と言えよう。12月12日付の『China Times』には、リー氏は吉村市長の決断に非常に不満を募らせていたと報じている。




●リー氏の生い立ち

『Wiki』によるとリー氏は両親が中国、広東省泰山から移民でシアトルで6人兄弟の一人として生まれた。父親は料理人として働いていたが、リー氏が15歳の時に他界している。当時のアメリカはまだアジア人に対しての偏見も多くあった時代だと思うがリー氏は1978年にカリフォルニア大学を卒業し弁護士を経て同市の市長となった。

後任は監督委員会のロンドン・ブリード(London Breed)がサンフランシスコ市長を務める。

今回、日本との関係がぎくしゃくした中での彼の突然の死であるが、驚くことに英字関連の中国系WEBニュースではリー氏の死を報じてはいるが『China Daily USA』『South China Morning Post』にしても大阪の吉村市長に関することには一切触れていない。

筆者は海外に住む日本人の一人としてSNS上では真摯的な発言を強く望んでいる。

誇り高き日本人の私達は、韓国のネチズンのように日本で地震災害の際多くの人が亡くなったにも関わらず「人の不幸をあざ笑う」ような見苦しい発言は、ネット上で決してして欲しくないと切に願う。



【参考サイト】
China Daily USA
South China Morning Post

【おススメ記事動画】

【出典:NYCtaxiCalender】たぷたぷお腹でも魅力充分

2018年も健在、ニューヨ
ークのタクシードライバ
ーカレンダーが強烈すぎ
て目が釘付けに!

【出典:YouTube】整形後にイケメンになった男性

美容整形で超イケメンに
生まれ変わった男性、ト
ランスジェンダーの彼女
へ愛を注ぐ姿に感動が集まる

【動画】インド
で生まれた人面ヤギ、
それでも母ヤギは愛を注ぐ

 

【出典:WTAE-TV】犬の遺灰に愕然とするジェニファーさん。

我が子の遺灰が入った箱を
大事にしてきた母親、2年後
に箱を開けて驚きとショック
が止まらない。

ベビーベッドに赤ちゃんを放り込むベビーシッター

あなたのベビーシッター
は大丈夫?監視カメラが
捉えた赤ちゃんへの虐待に
母親がショックを受ける



投稿者: legend up